熟女2人が

痴女とのSM悦楽の将来さえ夢想していた

ヤバイ!やっぱビ大慌てで出て行く菜穂さんを見送りながら、私は困惑していました。ホのわずかの玩弄でしたが、彼女の細指は魔法が掛かってるように心地良く私の性感を乱してしまい、又あの子にイジめられるんだと思うと、ゾクゾクと興奮が込み上げてしまうんです。同性同士ですがカワイイ教え子の菜穂さんに体を弄られるのは心理的にも抵抗が少なく、ハッキリ言って町田先生よりずっと素直に受け入れる事が出来る気がしました。今だって、もっと弄って欲しいかも、と一瞬思ってしまったくらい。菜穂さんにイジめられる事を嫌ってるんだか期待してるんだか、自分でもわからなくなって来ました。
乳首から味わうといいわ

股間の辺りがかつと熱くなった

手をつかんで股間に押しつけた

お尻と腿と性器がそしてやって来た放課後の調教。股縄が擦れてすぐに私を燃え上がらせてくれる尻振りダンスで極めさせられた私は、例の恥ずかし過ぎる大股開きの体勢にされて、縄の外された股間を菜穂さんの指で弄られます。今日はアナルをメインに責められると聞かされましたが、菜穂さんの魔法の指がクリを摘み、アソコに2本も埋められてしまったので、私の口からたちまち嫌らしい鼻声が洩れてしまいました。そしてそれを塞ぐように町田先生が勃起ペニスを突っ込み、両乳房に手を掛けて揉み始めると全身が慄える程の心地良いエクスタシーに包まれます。こうして準備万端整ってから菜穂さんのもう片手がアナルを責めて来たんですから、もうたまったもんじゃありませんでした。まず細指でクニクニと尻穴の奥深くまで忌まわしい薬を塗り付けられる段階で、嫌らしく蠢く指の感触が素晴らしく絶頂を堪えるので精一杯。

乳首をつまんだまま

痴漢です
そして指と入れ替えで、そんな汚い場所なのに舌を挿入した菜穂さんが、スルスルと滑らかに出入りを始めるともう限界でした。初めて経験する異様な快感に貫かれた私はスパークして、ビュッと潮を吹き上げてしまったんです。オシリでイッチャったんだね、千寿せんせぇ気持ち良かった?絶対に認めたくない恥ずかしい質問にも、町田先生のペニスをしゃぶる。歓びで理性を崩壊させていた私は、コクリとうなずいてしまいます。
あそこが剥き出しになっています地面に落ちた同じタイプの女の下半身に

普段絶対にしないような格好でしかも足を開いたのでアソコが濡れているのが丸見え全裸

調教した結果
千寿せんせえ、カワイーイ。今度は浣腸だよ。いろんな種類が楽しめるんだって。グリセリンに牛乳に、ゼリーとか、きっと病み付きになっちやうから、しっかり楽しんでねこうして菜穂さんは違う種類の液体をゆっくり尻穴に注入して嫌と言うほど私に恥辱の快感を味わわては振動プラグで塞ぎ、すぐに込み上げて来る便意を我慢する間にアソコを弄ると言うプレイを繰り返しました。ほらほら、クリちゃんがイイの?ヒクヒクしてるよぉ。エヘへ、この辺りがGスポットかなあ…又潮吹いちゃった、千寿せんせえクジラみた。きっと町田先生とのプレイで覚えたんでしょう。

せつなげな鼻声と一緒に牧瀬が見上げている尻がもじもじうごめく

ペニスを口元に突き付ける
菜穂さんの指に。Gスポット。を探られると頭の中が真っ白になるくらい強烈な快感に貫かれて、私は何度も極めながら体液を勢い良くまき散らしていきます。そしてアナルが限界を超えて振動プラグが抜け落ちるとブシャツと浣腸液を噴出してしまうんですけど、その瞬間弾けてしまう絶頂の素晴らしさと言ったら最早この世のものとは思えないくらいでした。そしてまるで違う感触の浣腸液を味わわされるし、振動フラグは少しずつ太く大きい物に替えられて、恐ろしい事にアナルの歓びがどんどん深まっていくんです。おまけに超人的な絶倫を誇る先生のペニスは、私を狂わせるザーメンを何度も吐き出して来ました。口が塞がれていなければ大声で快楽をわめき散らしていたでしょう。
フィニッシュです♪

あのセックスにはまり込んでしまう気がした

千寿せんせえ、お浣腸気に入ってくれたみたい。よし、そこのイボイボのやつに薬を塗ってケツの穴に埋めろ。バイブが始まったら吐き出さねえように、ガムテープで留めてやれ。こんなの入るかなぁ?!それくらいでギブアップされちゃ、アナルセックスなんか出来ねえよ。体中の水分を吐き出したかのような凄まじい浣腸プレイの狂乱で精も根も尽き果てた思いの私は、菜穂さんと先生がそんな恐ろしい会話を交わす。