オマンコが締め付けたり

痴漢のテクニックは素晴らしいものでした

それでは今日は終わりにしよう。この部屋であった事を、お前は全て忘れてしまう。でも命令された事は実行するんだぞ、いいな。ハイツツー!だとすれば、佐々木の術に掛かっていた間の事を全て忘れてしまう千恵利に、その記憶を取り戻させてはいけない。まして、俺が彼女を問い詰めて真相を知らせるなどと言う乱暴な手段に出てしまったら完全にアウトだ。結局悔しいが佐々木の思惑通りになるしかないのか。
調教してくださいと言ったのと同じだ

と誰かに話したかったが中年警官に尻に指を入れられて射精させられた事実は重く私の頭

記憶を消去されて毎日佐々木の待ち受けるカフェまで仕事に出掛ける千恵利を止める事も出来ないのだ。彼女はそのように命令されているのだから。千恵利との幸福な結婚生活を続けるためには、彼女をみすみす佐々木に抱かせてやるよりないとは、何と言う不条理だろう。俺は何とか打開策はないかと考えてみた。がまるで思いつかず、絶望感に打ちひしがれるような一夜を明かしたのだった。自白剤と催眠術次の日に掛かって来た電話で、俺はより詳しい話を佐々木から聞き出した。やはり佐々木は、海外では主に軍隊や警察が使用していると言う自白剤と自分が研究習得した催眠術を併用する事により、カフェで働かせている女性達を無意識に操り淫行を繰り返すと言う悪事を働いているらしい。

 

膣口のまわりに

それを明かしても、千恵利を人質に取られているに等しい俺には何も出来ないだろうとタカを括られたわけで、随分舐められたものだが、事実そうなのだから仕方ない。これまでチェリーちゃんを調教して来た動画も全部送ってやるよ。お前さんにサービスだ。いや、いらない。もう十分だ。カッコ付けんなよAVなんかバカらしくなるぜ。あんな美人の嫁さんがどうやってどスケベビッチに生まれ変わったのか…。
エッチな気分なの
小麦色のビーナスのしっとりと濡れた股間にもぐり込んでいた

射精感に遂に負けたのだ

いい加減にしろ!くそう!コイツ、俺に手出しが出来ない事がわかってて好き勝手な事を…千恵利の調教ビデオだと千恵利だけでなく自分をも良いように弄ぼうとする佐々木に腹を立てて怒鳴ったが、それは俺の心理まで正確に見破っているやつに対して、虚勢を張って最後のプライドを保とうとする行為に過ぎなかった。何しろ俺は。千恵利が佐々木にエロ調教される様子を見てみたい。と言う悪魔の囁きを聞いていたのだから。欲しくなったらいつでも言ってくれ。とても大きな子供を産んだ人妻だ。なんて思えねえよな、チェリーちゃんは。お前さんみたいなボンクラ亭主に操を立てて、えらくエッチを嫌がるもんだから、あそこまで仕込むのに一月も掛かっちまったぜ。

下半身にぐいっと寄せる

ボンクラで悪かったな。嫁さんを抱いてやらずエロビ鑑賞に精を出して、チェリーちゃんを欲求お前に譲ってやったのは大間違いだった。不満にしちまったんだ。あの時、な夫婦生活の細かい所まで知られている佐々木に対して、す言葉がなかった。俺は何も言い返初めは俺に触られただけで大泣きだぜ。お前生娘かっつーの。おかげで、ギチギチに縛り上げてやる必要があったな。そうやって、根気良く、丁寧に、優しく、セックスの気持ち良さを一から教えてやったんだぜ。
それ以外の肉胴はほぼ尻の谷間の柔肌に埋まっているという状態なのだ

彼女の手首が足首に拘束された


毎日少なくとも5回はマジイキさせてやったよ。チェリーちゃん、お前に抱かれてこんなに気持ち良いアクメに達した事なんか一度もないって、白状して。そんな筈はない…。演技してたんだってよ。でも、ホントは物足りなくて、オメエがぐうぐう寝てる側でオナニーしちまった事も何度もあるそうだ。…もうやめてくれ。おい、そんなに落ち込むなよ。それでも彼女はお前を愛してるんだぞ。お前とは一緒になっただけで幸せなんだって、言ってたじゃねえか。