それ緩いマンコを締めてみろ

尻が勝手に痙攣した

ペニスが突き進む
であろう排泄行為を見られるといったことも、見知らぬ他人の自称サディストに対しては、自分が自分を辱めているという意識はあっても、あまり相手に対して強烈な羞恥を生むものですらなかった。はずかしひととおりのことをさせた後、佳代子は性交を求めた。しかしそれはその行為を愉しむと言うよりも、あるものが欲しいからでたのあった。最初に口の中に放たれた精液はその場で飲む。お前の大好きなザーメくしっかり味わってからごくりと飲み込むのよ。
エッチな気分なの

その縄尻は

のうりやはり志乃の命令が脳裏に聞こえてくる。もちろんその時は生で男根をしゃぶり抜いて愉しむのだが、性器を使わ会う前からそのことを徹底しせる場合には必ずコンドームを用いさせる。て確認したし、挿入時にも必ず確かめた。自称サディストの良いところは、基本的に善人であることだった。臆病な男も多い。これが、セックスのみを目的にしたいわゆる普通のテレクラなどの男だと、どさくさに紛れてあわよくばナマでなどと思う男も居ると成人女性向けのマンガ誌いわゆるレディコミなどに書かれているのを読んだこともある。まぎでも、サディストたちは一様に優しくて、必ずスさしてくださいね。私妊娠しやすいみたいなんです。

 

ノーパンの下半身が露出してしまった

などと言えば、もう間違いなくそれに従ってくれたのだ。妊娠しやすいかどうかはわからなかったし、むしろゴムをつけた少しガサガサしたような感触は嫌いだったが、佳代子の目的の為には仕方がな一度口で果てた男も、その後少しだけしたSMという行為に興奮して、簡単に佳代子の中で、正確にはスキンの中に新たな精液を放出してくれた。それで終わることもあれば、もう一回と挑まれることもあり、その場合はスキンを交換させて応じてやった。ことが終わると場へ追い立てる。シャワーへ入ってらしてください。と言って男を風呂警戒する男も多かったか、大抵の場合男達は余分なお金や身分のわかる。
超エッチイ

いつしか双の乳首はピンと立って
ものなどは持たずに初対面の女には会いに来ているようで、佳代子が強く奨めてそれでも行かないという男はひとりも居なかった。女こそシャワー浴びたいと思うとお思いでしょうけれど、私マゾですから、今夜ひと晩くらいはあなたの匂いを体に残しておきたいの。なんて言葉をサービスで言ってやると、男はそれだけで満足そうな表情で納得するのだった。そして佳代子がすることは、ゴミ箱に捨てられたり枕元のタオルの下にそっと隠されていた、使用済みのコ。ドームをハンドバッグにしまうことだった。男が佳代子の中で射精を果たした後、マゾ女の役目よと言わんばかりに丁寧に男のものからそれをはがし取り、一滴もそれをこぼすことのないように、ゴムを結んで捨てるか隠す振りをしたものだ。もちろん、それをした後からもう一度まだ硬さの残る男根を舌で舐め清めるのも佳代子の楽しみのひとつだった。

 

その尻を撫で回した

もあって、執拗に一度目を誘ってきたが、全て無視して次の相手を探した。どんなにその時なんらかの満足を得たとはいっても、佳代子の本当に欲しいのは真に自分を屈服させてくれる相手だったからだ。くっぷくそうして、初対面の男とホテルへ行った日は、より激しいオナニーをするのだった。佳代子は決まっていつもホテルを出ると、お茶でもとかお食事にとか次の約束の為に誘いをかけてくる男達はすでに疎ましい存在でしかなく、佳代子は一刻も早く自宅へ帰って、自分の愉しみに耽りたかった。その数分前まで男としてきた行為は佳代子の性的欲求を増幅こそすれ、完全に満たしてくれるというものではなかったからだ。

ぷりぷりそのまま何度目かのピストンに突入する


当然、頭の中の志乃という女が。ほらあんたの大好きなおちんぽ、きれいにするの奴隷の役目でしょう。と命令を下していたので、男の側から見たら、本当にマゾの陶酔に酔っているように見えただろうし、そんな時、男たちが征服感で満たされているのが佳代子にもよくわかり、ある意味滑稽で、それでいて男が可愛くもあった。それでも佳代子は同じ男と二度会うということはしなかった。というより、結果的に二度以上会いたいと思う男には出会えなかったのだった。しつよう相手は佳代子の態度による。勘違い。
存分に勃起した肉棒をブリーフから取りだすのに難ためらわずに唇を近づけていく