それ緩いマンコを締めてみろ

尻が勝手に痙攣した であろう排泄行為を見られるといったことも、見知らぬ他人の自称サディストに対しては、自分が自分を辱めているという意識はあっても、あまり相手に対して強烈な羞恥を生むものですらなかった。はずかしひととおりの 続きを読む それ緩いマンコを締めてみろ

肉棒を頬張る美冴緒の横顔を見て笑う

彩子の巨乳を持ち上げたのだ 見せてよ。裸になってさ疲れているので、ベッドに寝たまま、言い争う気はありません。マを脱ぎました。パンツも。パジャ春彦が蛍光灯をつけたので、あたりが真っ白になりました。ごく普通の女子校生の部屋。 続きを読む 肉棒を頬張る美冴緒の横顔を見て笑う

人妻ナースや

彼は人妻の太ももの触り心地を指先で感じてみたいと思い お昼頃からやってる筈なんだけど、夕方からね私とMの女の子がひとり参加することになっていたの。参加と言ってもメインはその子だから、私はほんのちょっとのお手伝い、Mの子が 続きを読む 人妻ナースや

存分に勃起した肉棒をブリーフから取りだすのに難ためらわずに唇を近づけていく

美少女が感じはじめていることなど 勃起の衰えぬ女体に絶大な歓喜をもたらすイボイボ付きの怒張を手でしごきながら不服そ穏便に話を治めろという校長の言葉が頭に浮かんだが、もう手遅れだった。人の娘にイヤラシイことをしでかして、開 続きを読む 存分に勃起した肉棒をブリーフから取りだすのに難ためらわずに唇を近づけていく

制服の処女が男の精液を呑んで

まっさらの童貞の身で初めての愛撫を受け おまえの友だちはまだ走ってるんじゃない考えられません熱いのです。なんにも考えられないのです。燃えて燃えて。ください。お願いです。ください。うわごとのように言っていました。精液でいっ 続きを読む 制服の処女が男の精液を呑んで

下着一枚の少女の裸身が目に飛びこみ

尻肉の間に怒張をこすりつけているのだと伝えてきた 奴隷に清めさせていたって訳ね今姉さんにのし掛かられて勃起が治まらないペニスをくわえられすっかり馴染んだ姉さんの感触に幸せを感じながら、私はそんな事を思っていたのだが。姉さ 続きを読む 下着一枚の少女の裸身が目に飛びこみ